脳のことと呼吸の場合について練習をしていた

脳などについて研究しました。中脳は、出方を持ちます。眼球のエクササイズや眼を調節します。小脳はエクササイズの気遣いをし、からだの平衡を持ちます。延髄は肺・理解箱・心臓などの五臓のエクササイズを調節します。せき髄は、せき髄リフレクションの中央だ。関節では、筋肉の角が別々の骨につき、1対の筋肉のどちらかが縮むことによって、上肢が曲がったり伸びたり決める。次は、理解のしくみについてだ。食道は、かみくだかれたフードを胃に送ります。大腸は、水や無機塩類を吸収します。小腸は、意思のひだとじゅう毛髪(柔突起)のしくみによって、表面積が何倍にも大きくなり、栄養分を効率よく吸収します。肺の毛細血管には、常時75〜100ミリリットルの血があり、1分間に約5リットルの血が流れている。呼吸エクササイズは、ろっ骨やろっ骨をつなぐ筋肉と横隔膜のプラスで、胸腔を広げて行われます。1呼吸で約500ミリリットルの感が出入り決める。これは、肺のセンターの感の約6分の1だ。知らないことばかりでしたが、勉強になりました。ロスミンローヤル ドラッグスト

脳のことと呼吸の場合について練習をしていた